寒さの中で咲く御池桜

御池桜
御池通にある御池桜が今年も花を咲かせています。

御池桜寒くなるこの時期に花を咲かせる桜のひとつが「御池桜」です。桜は御池通と柳馬場通との交差点北側にあって人の目にも触れやすく、写真を撮っている方もちらほらと見かけます。辺りに自然は少なく、ビルの谷間ともいえる場所。そして厳しい寒空の下に美しく花を咲かせる姿は、通りかかる人たちの心を動かします。私も毎年この桜を見て元気をもらっています。

御池桜御池桜は、案内板によれば「不断桜」という種類で、例年11月から4月頃にかけて花を咲かせます。11月に開花をしてからゆっくりと花は増え、本数に勝る春の桜たちが現れるまでの冬の間中、粘って粘ってチラホラと咲き続けて、春には満開を迎えます。桜が植えられたのは、2006年に京都御池創生館が出来た時だそう。柳池中学校の跡地を利用して作られた、中学校と福祉施設・商業施設を複合した建物は、京都御池創生館と呼ばれています。

御池桜不断桜はヤマザクラとオオシマザクラの交雑種だそうで、大原・実光院で同じように秋から冬に咲く桜も不断桜と呼ばれています。もっとたくさん植えたスポットを作れば、冬の京都観光にも一役買えそうですが、三重県にある木が天然記念物となっているように、大変珍しい種類のようです。こうしてひっそりあるのもまたよいものですね。これからさらに寒さが厳しくなり、雪が積もっても咲き続ける御池桜。この冬も大いに元気を分けていただけそうです。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です