叡山電車 1つしかないハート形のつり革

叡電 ハート形のつり革
先日、叡山電車に乗ると、全車両の中でたったひとつしかない「ハート形のつり革」を見つけました。

叡電 ハート形のつり革叡山電車は、出町柳駅から鞍馬・貴船や八瀬比叡山口などを結ぶローカル電車で、洛北の交通の要として乗ったことのある方も多い電車ではないでしょうか。その全22車両1028個のつり革に1個だけあるというのが、今回見つけた「ハート形のつり革」。2013年以来、私も乗るたびに探していましたが、ようやく発見しました笑(ハートのつり革が始まったのは2012年9月からだそう)

叡電 ぼく明日号このハート形のつり革が下がる車両は数日おきに変わるという情報もあり、出会えるのは本当にラッキーですね。私もしっかり掴んでおきました。実は今回たまたま乗った車両は、映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」とのコラボで運行している『ぼく明日号』でした。私は見ていませんが、恋愛ものの映画なので、ハート形があるのはふさわしいかもしれません。社内には映画のポスターがたくさん貼られており、ファンにはたまらないでしょう。『ぼく明日号』は、2月中旬まで運行されているそうですので、ハート形のつり革もそれまではこの車両にあるのかも。ぜひ、探してみてください。

叡電 ぼく明日号
叡電 ハート形のつり革

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です