美しき深草の竹林

深草の竹林
先日、猫を紹介した深草の竹林ですが、竹林そのものも綺麗です。

深草の竹林京都はタケノコの産地として知られますが、多くが洛西をイメージすると思います。京都市西部の洛西エリアや、向日市・長岡京市にかけては春になるとタケノコ掘りで活況を呈します。一方、京都の東山エリアはあまり竹林のイメージがありません。寺院でも青蓮院や高台寺、南禅寺の天授庵に一部竹林がある他は、ほとんど目にする機会がないかと思います。

深草の竹林しかし伏見稲荷大社のある稲荷山の南、深草の東一帯には竹林が多くあり、タケノコが栽培されているのです。実は深草の竹林は歴史が古く、「深草や 竹の葉山の 夕きりに 人こそ見えね 鶉なくなり」と平安時代の和歌にも詠まれ、有名な「竹取物語」の舞台の候補地の一つともされています。また、江戸時代には真竹を用いた団扇(うちわ)が特産品ともなりました。現在のタケノコは孟宗竹ですので種類は違いますが、深草と竹は、深いつながりがあるのです。

深草の竹林稲荷山には神蹟やお塚と呼ばれる信仰地が点在をしており、さまざまな経路から山頂を目指せます。そのうち、南側のルートをとると竹林のあるエリアへと足を延ばせます。近年は、京都一周トレイルの伏見・深草ルートが設定され、この竹林を抜けるコースとなっています。この付近は意外な風景が広がり、まさに京都の奥深さを感じる地域ではないでしょうか。

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です