鴨川 五条~七条の早咲き桜が見頃

鴨川 五条~七条
京都では鴨川沿いでも桜が充実しています。今は五条から七条の間の鴨川で早咲き桜が見ごろを迎えています。

鴨川 五条~七条春の鴨川は市街地の南から北まで桜並木が続く場所でもあります。早咲きから遅咲きまで各種の桜がそろっていますので、きちんと場所を選べば常にどこかで桜を楽しむことができます。鴨川でまず見ごろを迎えるのが、今回ご紹介する七条から五条の間です。

鴨川 五条~七条この区間は早咲きの枝垂れ桜が多く植えられていて、満開となればたいへん見事。この付近の鴨川は「掘込河道」といって、治水対策のために深く川底が掘られ、堤防が無く、市街地から深く落ち込んでいるのが特徴です。そのため、上を歩けば桜並木から鴨川を下に見下ろし、鴨川に面した下側を歩けば空と一緒に桜を仰ぎ見ることになります。どちらからでも素晴らしい風景が望めるのが魅力です。

鴨川 五条~七条今年はアジア系外国人のウェディングフォトの撮影で賑わっています。彼らは長時間木を占領するため賛否がある行為だと思います。今年は海外の方が例年以上に多く訪れているように感じ、桜の木を手につかんで写真撮影をしたり、あるいは枝を折ってしまったり、立ち入り禁止の場所に入り込んだりというのが各地で問題になっています。何がダメなのかを啓蒙していくことを、行政・観光関係者も考える必要があるのかもしれません

鴨川 五条~七条
鴨川 五条~七条

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です