神泉苑の風景

神泉苑
先日、秋の空がきれいな日に神泉苑を訪れました。

神泉苑神泉苑は二条城の南にあり、平安時代に天皇の私的な苑池として築かれました。当初は今の8倍もの広さがあり、湧き出る水は枯れることがなかったとされる、まさに神の泉でした。都に日照りが続いた際には神泉苑で雨乞いの儀式が行われ、弘法大師・空海と守敏との対決や、静御前が舞ったエピソードなど、様々な伝説が伝わる地です。

神泉苑今は市民憩いの場所として、アヒルが遊ぶのどかな池として親しまれています。訪れた時間帯は青空が見え緑が綺麗でした。まだまだ晴れると日差しは強いものの、神泉苑には参拝に来られる方もチラホラ。池に浮かぶ善女竜王社には真正面からも行けますが、朱色の法成橋に回り込み、願いを一つだけ思いながら渡って善女竜王社に参拝をすれば、願いがかなうとも言われています。境内で授与される守護札を抱いて渡ればなおよいそう。よければお試しください。

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているDMM経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です