二条城DE盆栽展~京彩~が開催中

二条城 盆栽展
二条城で22日~24日の3日間、盆栽展が行われています。

二条城 盆栽展昨年から様々な新しい取り組みをしている二条城。今年は大政奉還から150年でも注目され、東大手門や東南隅櫓の公開は好評につき9月30日まで延長されています。また、周辺の再整備も行われており、東大手門前は一新しつつあります。10月には二の丸御殿の初めての夜間公開も予定されており、たいへん楽しみです。次はどんな催しがあるのかと気になるスポットになりました。

徳川慶喜が愛でたという盆栽さて、22日~24日にかけては「二条城DE盆栽展~京彩~」が、二の丸御殿の台所および前庭で開催されています。京彩には「古都・京都を盆栽で彩る」という意味が込められているそうです。徳川慶喜が愛でた盆栽も展示されています。銘は「鎧掛の松」で樹齢は300年だそう。盆栽とはいえなかなか立派な松でした。大政奉還から150年にちなんで、150年以上の樹齢がある盆栽も多く集められ、さらに全国の愛好家からの見事な盆栽も一堂に会しています。

二条城 盆栽展その枝ぶりの美しさ、悠久の時を感じる風格や存在感など、素人の私でも感嘆する盆栽ばかりです。相当にレベルが高い盆栽展ではないかと感じました。通常の入城料600円はいりますが追加料金は不要でご覧いただけますので、盆栽がお好きの方もそうでない方も、24日までに二条城に行かれる際はぜひご覧ください。

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているDMM経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です