台風21号 記録的な暴風に厳重警戒!

台風接近
台風21号は、4日に四国から近畿地方に上陸する見込み。勢力が強く、暴風に厳重な警戒が必要です。

室戸台風で倒壊した建仁寺方丈今回の台風は京阪神にとっては最悪のコースを通りそうです。勢力は大阪付近で960hPa、中心付近の最大風速は40m/s、最大瞬間風速は50m/sが見込まれています(3日15時発表)。まず、この気圧は京都・大阪・神戸では、過去120年ほどの観測記録の中で歴代5位前後に該当する記録的に低い数字。中心付近では暴風となり、特に大阪湾周辺で猛烈な風が吹く恐れがあります。

台風で倒れた柳京都は比較的風が吹きにくい場所ですが、それでも記録的な暴風となる恐れがあります。他エリアより風速の数字が小さくとも、風に慣れていない分、木が倒れるなどの被害は出やすいです。各人がこれまで経験したことのないような風となる恐れがあり、厳重な警戒が必要です。4日昼前から夕方にかけては外出は絶対に避けて下さい。ピークは昼過ぎの数時間となりそうです。台風は速度を速めて近づいてくるため、午前中は比較的静かかもしれませんが、急激に状況が悪化してくるでしょう。

防火バケツ(台風の風で飛ばされていたもの)1平方メートル当たりの風圧(kg)は、風速(m/s)×風速×0.05で算出できますが、風速30m/s=45㎏、35m/s=61.25㎏、40m/s=80㎏、45m/s=101.25㎏、50m/s=125㎏と、風速の数字が増えると風圧は急激に増す性質があります。強い風は決して侮ってはいけません。一般の家庭でも、風の圧力や飛来物で窓が割れる恐れがあるため、雨戸を締めきり風が収まるまで開けないでください。

台風で崩れる校舎から生徒を守った先生大雨は集中して降るため、中小河川が一気に増水してあふれる恐れもあります。時中の避難は困難となるため、不安な方は近畿は昼前までに避難を終えてください。大阪湾周辺や近畿北部では高潮にも厳重な警戒が必要です。また暴風によって停電が発生する恐れもあるため、懐中電灯の用意などもしておきましょう。前回の台風よりもさらに強い台風のため、まずを身を守ることを第一に考えてください。被害がわずかでも少なくなることを願っています。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です