大人に近づく六角堂の白鳥

六角堂の白鳥
今年生まれた六角堂の白鳥のヒナ。すくすくと成長しています。

六角堂の白鳥京都の街中にあるオアシスのような場所が六角堂。西国三十三所観音霊場の札所としても知られ、信仰の寺である一方で、鳩が多く棲み、裏の池には白鳥が飼われています。京都の街中で白鳥に出逢えるのはここぐらいではないでしょうか。たまにその動きを見ていると面白いのですが、普段はお堂の裏はひっそりとしています。

六角堂の白鳥今年の6月6日に、5年ぶりに誕生した白鳥のヒナ。成長を続けて若鳥となっています。もう見た目は親鳥と変わらない印象ですが、やや羽に茶色みが残っています。ぱっと見、羽が汚れているように見えるのが子どもです。たまに羽をばたつかせた時に、羽はまだ短いのも違いでしょうか。今年の猛暑を無事に乗り越え、ここまで大きくなって何よりです。お近くまで行かれたら、ぜひ池のほうも訪れてみてください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です