梨木神社の萩まつり

梨木神社 萩まつり
梨木神社では、24日まで萩まつりが行われていました。

梨木神社 萩まつり京都御苑の東にある梨木神社では、24日まで「萩まつり」が行われ、伝統芸能の奉納がありました。萩の咲き具合は24日の段階で3-5割くらいといった印象。今年は萩の進みはやや遅めで、梨木神社は10月に入っても楽しめそうです。萩は草冠に秋と書くように、古くから秋を告げてくれる花として親しまれてきました。万葉集の中では最も多く歌に詠まれている草花です。

梨木神社 萩まつり梨木神社の萩はおよそ500株。萩まつりでは並べられた椅子に座って、奉納される日本の伝統芸能を楽しめます。梨木神社で日本の伝統芸能が奉納されるのは、「和」の世界を披露するのにふさわしい環境だからかもしれません。私たちが散策で訪れた時間帯は狂言が奉納され、多くの方が楽しんでおられました。萩の花は引き続き楽しめますので、境内を訪れてみてください。

梨木神社 萩のお守り

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です