30日後半から台風24号に厳重に警戒を

台風21号の被害 白川沿い
台風24号は京阪神に30日後半に最接近となります。厳重に警戒をしてください。

台風21号の被害 京都御苑台風24号が北上しています。勢力は29日にかけて発達傾向。本州に上陸していると思われる30日21時の段階でも955hPaの予想(28日21時45分時点の予想)が出ており、前回大きな被害をもたらした台風21号に匹敵する「非常に強い」勢力で四国や近畿に上陸する恐れがあります。今回も記録的な台風となりそうで、沖縄から西日本・東日本・北日本とすべての地域で災害の危険があり、各地で大きな被害が発生する可能性があります。

台風21号の被害 吉田神社雨は29日から降り、先行降雨があるところに、30日には台風本体の猛烈な雨が加わるため、土砂災害の危険が高まります。明るいうちに早めに避難をしてください。西日本だけでなく、関東でも風が強まる見込みで、広範囲で影響が出ます。風は風速の数字(m/s)が2倍になると圧力(kg)は2乗になるという性質があり、強い風は急激に危険度が高まります。今回も各地で記録的な暴風が吹く恐れがあるため、十分に警戒をしてください。

台風21号の被害 屋根瓦への被害京阪神では、台風の中心が前回と違って南を通る場合には風が北寄りとなり、前回とは風向きが異なるかもしれません。同じ強い風でも風向きが異なれば影響も違ってきます。前回とは違う場所で風による被害が発生する恐れがあります。高潮については台風の進路にもよりますが、伊勢湾では厳重な警戒が必要となりそうです。いずれにしても今回も非常に強い台風ですので最大限の対策をとってください。被害が少しでも小さくなることを願っています。台風の進路予想については最新情報をご確認ください。

お知らせ

「月刊茶の間 10月号」で10月の京都の行事の特集をさせていただきました。こちらのリンクより、先着3000名様に無料プレゼントも受け付けられています。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です