清凉寺の紅葉の色づき

清凉寺
山沿いでは紅葉が見ごろになってきた京都。嵯峨野では清凉寺の庭園が色づいていました。

清凉寺西の嵐山・嵯峨野でも、紅葉の早い場所が色づいて来ました。天龍寺の曹源池庭園の周りや、境内の一部では色づきが進んできています。さらに清凉寺の拝観エリアでも、赤くなって来ています。清凉寺の無料エリアのカエデの進みは早くはありませんので、内側まで来られる方は少なく、穴場といえるでしょう。

清凉寺本堂裏の廊下からは弁財天が祀られているお堂や島が見え、周辺部の色づきが早めです。廊下を額縁状にして風景を眺めることもできます。清凉寺は霊宝館も秋の公開中で、源融(みなもとのとおる)の写し顔という阿弥陀如来坐像をはじめ、貴重な仏像を目にすることもできます。機会がありましたら足を延ばしてみてください。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です