この秋から登場した「高雄もみじちゃん」パネル

高雄もみじちゃん
高雄など三尾のエリアでは、マスコットキャラクター「高雄もみじちゃん」が誕生し、パネルが置かれています。

高雄もみじちゃん神護寺のある高雄、西明寺のある槇尾(まきのお)、高山寺のある栂尾(とがのお)を総称して「三尾(さんび)」と呼びますが、その三尾のマスコットキャラクター「高雄もみじちゃん」のパネルがこの秋登場しています。

高雄もみじちゃん2017年に佛教大学の学生さんたちが、高雄保勝会とコラボした社会連携センター京都・高雄活性化プロジェクトの活動の一環として、キャラクターの募集を学内外から行い、その中から三尾の観光客や地元の方々などに投票をしていただいて、最も得票数が多かったのが「高雄もみじちゃん」だったそうです。今年は10月に「高雄もみじちゃん祭り」があり、一緒に写真が撮れるパネルの発表会などが行われました。

高雄もみじちゃん現地に訪れると各所で「高雄もみじちゃん」のパネルを目にすることができ、なかなかインパクトに残りました。今後徐々に定着をしていくのではないでしょうか。高雄周辺に行かれる際は注目をしてみて下さい。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です