京都御所 御即位30年記念特別公開

京都御所 特別公開
京都御所では3月21日まで「御即位30年記念京都御所特別公開」と題した特別展が行われており、今だけの大変貴重な場面も見ることが出来ます。

京都御所 特別公開2016年から通年公開(原則毎週月曜休)が行われるようになった京都御所ですが、それまでの春秋の一般公開時と同じような特別展が春と秋に数日間行われています。この春は3月12日~3月21日の10日間の日程で「御即位30年記念京都御所特別公開」と題した特別展が行われています。なお、その先は22日~27日まで通年公開は公開休止となりますのでご注意ください。

京都御所 特別公開現在の京都御所は、幕末の安政2(1855)年に再建をされたものですが、それ以前の寛政2(1790)年に平安様式に倣って再建された建物を踏襲しているため、特に紫宸殿や清涼殿周辺では、江戸時代の建築でありながら、平安時代を偲べる部分が随所にみられ、和歌や古典の知識を持ち合わせていると、たいへん興味深く往時をイメージできます。

京都御所 特別公開さて、今回の特別展は大変貴重な機会です。まず参観者は、昔の一般公開の時のように宜秋門から参入し清所門へ退出する経路。道中には牛車や花車が並べられたり、今上陛下の写真のパネル展示、御学問所では伊東久重氏による人形展示など、通年公開では目に出来ないものがあることに加え、陛下や国賓の訪問時に使われて滅多に開門されない「建礼門」が御即位30年記念ということで開いています。一般公開での開門は2014年に天皇陛下の80歳の傘寿の記念として行われて以来ではないかと思います。その前の一般公開時の開門は1997年にまで遡ります。2014年の際にも見に来ましたが、やはり普段は閉ざされている門が開くというのは驚きでした。御所の建礼門は紫宸殿の正面に当たる最も格式が高い門で、門が開いたことで御所の外から紫宸殿の様子を伺うこともできます。

京都御所 特別公開そして今年は新天皇の即位の礼が行われるため、通常は紫宸殿内に納められている高御座(たかみくら)が東京へと移設されているかわりに、内部の賢聖障子(けんじょうのしょうじ)と狛犬の絵に光が当てられて公開されています。高御座は昨年から移っていましたが、移されてからは紫宸殿の戸は閉じたままだったため、こうして高御座がない状態で公開されるのは、非常に貴重な機会といえるでしょう。紫宸殿の前からは角度の関係で見えにくい部分もあるため、写真を撮りたい方は承明門の前から望遠で撮るとよいかと思います。賢聖障子には、一間に中国の殷から唐時代にかけての賢人の画像が4人ずつ、あわせて32人の像が描かれていますが、承明門にはその中から太公望と諸葛亮がピックアップされてパネルで置かれています。

京都御所 特別公開さらに大正天皇の即位の大礼の際に建てられた春興殿も修復が終わり、美しい姿を見せています。屋根も吹き替えられましたが、西側に一部古いままの部分が残されており、比較ができるようになっています。また、通年公開では内部を伺うことができない御常御殿(おつねごてん)の障壁画も公開されています。御常御殿は天皇の日常の住まいで、国を治めるにあたっての教訓が込められた題材で絵が描かれているのも特徴。見学はやや距離があるため、拡大鏡や望遠レンズなどをお持ちになるとよいでしょう。

京都御所 特別公開他にも様々な展示が行われており、解説パネルも充実。京都ファンの方はぜひ21日までに足を延ばしてみてください。特別公開の詳細はこちらから、主な展示の写真はこちらからご確認ください。

京都御所 特別公開
京都御所 特別公開
京都御所 特別公開
京都御所 特別公開
京都御所 特別公開
京都御所 特別公開
京都御所 特別公開
京都御所 特別公開
京都御所 特別公開
京都御所 特別公開
京都御所 特別公開
京都御所 特別公開
京都御所 特別公開

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です