常寂光寺のしだれ桜

常寂光寺 3月30日
嵯峨野の常寂光寺のしだれ桜が見ごろを迎えています。

常寂光寺 3月30日常寂光寺は紅葉で名高い嵯峨野のお寺です。境内にはたくさんのカエデがあり、秋は紅葉の絶景がたいへん美しく、たくさんの人が訪れます。緑の時期もその見事さは群を抜き、足もとを彩る苔とともに「青もみじ」の輝きは京都有数です。そんなお寺ならばこそ、桜のイメージは弱く、今は静かにゆっくりと桜を眺めることができる穴場となっています。

常寂光寺 3月30日境内を入ってすぐの左手側に大きなしだれ桜が1本あり、いよいよ見頃を迎えてきました。仁王門の茅葺屋根が、のどかな印象を与えてくれますし、実際に見事な桜をのんびりと眺めることができます。紅葉の寺に咲き誇るしだれ桜。天龍寺も見頃に入ってきましたが、お近くに行かれる際は足を延ばしてみてください。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です