東山で猿の親子に注意を!

東山で猿の親子に注意
4月に入り、東山で猿に咬まれる被害が連日続いています。私も先日問題の親子猿に遭遇しましました。猿を見かけても、近づかないようにして下さい。

東山で猿の親子に注意4月2日と3日は知恩院、4月4日はインクライン、4月5日は京都霊山護国神社、4月7日もインクライン頂上付近と、相次いで猿に咬まれる被害が発生しています。出没しているのは親子2頭の猿で、3日に私も知恩院の勢至堂前で遭遇しました。その様子を見ている限り、特に小猿が好奇心旺盛で人間に近づいて来て、それを心配した母ざるがやってきて人間に噛みつくという流れのようです。

東山で猿の親子に注意産経新聞さんの記事を参照すると、「京都市によると、2月中旬以降、伏見稲荷大社や知恩院、南禅寺など市内の観光地を中心に、約20人がサルにかまれたりひっかかれたりして軽傷を負った。」とのことで、すでにかなりの被害が出ています。先日、私が知恩院で遭遇した際は、海外の方を中心に写真を撮ろうと2-3mの距離にまで近づき、あっという間に人だかりになってしまいました。相手は野生の動物ですので、危険を感じた際に襲ってくるのもやむをえないでしょう。まずは猿を見かけても近づかないように、十分にご注意下さい。なお、今回掲載した猿の写真は望遠レンズを使って、距離を保って撮影したものです。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です