八重桜が楽しめる堀川沿い

堀川沿い
堀川沿いの八重桜が見ごろを迎えています。

堀川沿い堀川通沿いを流れる堀川にそって八重桜が並木で連なり、見ごろを迎えています。堀川沿いは2009年春に散策路が整備され、水の流れが復活しました。八重桜の並木の中には、黄緑色の花を咲かせる桜、御衣黄(ぎょいこう)の立派な木もあります。八重桜の時期は気温も上がり、この時期に堀川を散策すると下から桜を見上げることができて、とても気持ちがよいです。二条城の散策の際など、是非足を延ばしていただきたい場所です。

堀川沿い現在の堀川には琵琶湖疏水分線の水が流されています。蹴上から南禅寺を通り、哲学の道から北白川を経て鴨川を渡り、紫明通の地下を通って堀川へと通じています。琵琶湖の水が京都の街を巡り、姿を変えたのが堀川。そのせせらぎを感じながら、深まり行く春を感じてみるのもおすすめです。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です