八坂神社のサツキ

八坂神社
京都ではサツキが見ごろになってきました。八坂神社の西楼門の前も綺麗です。

八坂神社この時期に各地の風景を変えてしまうのがサツキ(皐月)の花。サツキは寺院の庭園や街中などのあらゆる場所に植えられており、普段見慣れた景色を変えてしまう意外性が魅力です。日当たりのよい場所から咲くため、咲く順番がある程度推測できるのも特徴。京都中でも早く咲くのが八坂神社の西楼門のサツキです。

八坂神社朱色の門は一見新しく見えますが、実は今から500年ほど前の室町時代に建てられた門です。2007年に改修が終わって美しくなり、四条通から多くの観光客を迎えています。門をより華やかに見せるサツキの光景は、私もこの時期に楽しみにしています。京都では、6月初めにかけて他にもサツキが美しい場所が各地に現れます。この時期の庭園巡りの楽しみのひとつです。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です