大将軍商店街の妖怪仮装行列

妖怪仮装行列
10月19日に大将軍商店街で妖怪仮装行列が行われました。

妖怪仮装行列妖怪仮装行列は、大将軍八神社の天門祭(例祭)にあわせて行われています。大将軍八神社は、都の西を守り方角を司る陰陽道の神「大将軍」を祀る神社で、方除けのご利益で信仰されています。大将軍は3年ごとに存在する方角を変え、その方角は万事に凶とされ恐れられていました。ただ、四季の土用の期間はその方角を離れるとされており(遊行日)、救いもあったりします。現在はスサノオノミコトを主祭神としてお祀りし、門前の一条通に沿った大将軍商店街は妖怪ストリートとしても有名になって、天門祭(例祭)の宵宮では妖怪仮装行列が行われています。

妖怪仮装行列妖怪仮装行列は「一条百鬼夜行」とも呼ばれ、使い古された道具類が付喪神(つくもがみ)という妖怪となって、都の北の端である一条通を西から東へと練り歩いたという伝説にちなんでいます。大将軍八神社の前が一条通ということで、大将軍商店街では妖怪ストリートと呼ばれ、妖怪仮装行列が行われているのです。

妖怪仮装行列参加する妖怪たちは事前に一般から募集されており、いずれもハイレベルです。参加人数も多く、見ていて大変面白かったです。ただ、小さな子供たちにとっては怖かったようで、泣き出してしまう子もいました。行列は商店街を往復したあと、記念撮影タイムもありました。妖怪に興味があるのか、海外の方もたくさん見に来られていました。

妖怪仮装行列今年で15年を迎えるという妖怪仮装行列ですが、今後の存続を求める寄付を募られておりました。私も少し出させていただきましたが、若者の熱気を感じたりクオリティの高い妖怪仮装が目にできる場所ですので、これからも続いていってくれたら嬉しく思います。

妖怪仮装行列
妖怪仮装行列
妖怪仮装行列

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

「大将軍商店街の妖怪仮装行列」への1件のフィードバック

  1. 大将軍八神社には、渋川春海の天球儀もあり、
    数の言葉の自然数を≪…陰陽道の神…≫的に『妖怪たち』で捉える数学妖怪キャラクターも「妖怪仮装行列」に登場してほしいなぁ~。
    数学妖怪キャラクターは、
    [絵本]「もろはのつるぎ]で・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です