京都タワーからの眺め

京都タワー
久しぶりに京都タワーを訪れました。

青空と京都タワー京都のシンボルが京都タワー。その形は、よく「和ろうそく」だと言われますが、本当のモチーフは「灯台」です。青空とタワーだけの写真をじっと見ていると、海辺にいるような気がしてきませんか?タワーは1964(昭和39)年、東京オリンピックと新幹線の開通と同じ年に完成しました。当時はまだ高いビルは少なく、京都の家々の屋根を波に見立てて、街を照らす灯台をイメージして建てられています。

京都タワー京都タワー構造はモノコック構造と呼ばれる鉄骨を一切使わない工法で、秒速50mを超える台風にも耐え、阪神淡路大震災の時には震度5強の振動に塔が大きく揺れながらも耐えています。高さは131mで、当時の京都市の人口131万人だったことから決められたといいます。ビルが31m、そこから上のアンテナのてっぺんまでが100mとなっていて、展望台の高さもちょうど地上から100mの場所。展望台に上ると、そこは望遠鏡が無料で見放題の空間です。しかも倍率が高く、京都駅前で展望台に向かって手を振れば、間違いなく誰かまで分かります。

たわわちゃん神社マスコットの「たわわちゃん」は「ひこにゃん」と同じデザイナーが作ったキャラで人気が高いです。展望室にはマスコットキャラクターの「たわわちゃん」をモチーフにした「たわわちゃん神社」なるものが出て、交流のある下鴨神社による祈祷の儀式も行われています。京都市街地で一番高いところにある神社なのだとか。

京都タワー京都タワーの展望台は、最近は外国人からも人気があり、展望室は英語を中心に各国の言葉が飛び交っていました。京都駅前にもあり、アクセスも良好ですね。2016年からはタッチパネルも導入され、各方向の景色について各国の言葉で解説が読めるようになりました。QRコードを読み込むことで、検索した観光情報をご自身のスマートフォンへ無料でダウンロードできる機能もあるそうです。

京都タワー京都タワーは年中無休で朝9時~夜21時まで開いているという献身的な観光施設。12月28日には開業55周年を迎え、階段のぼり大会など様々なイベントが行われます。また元日には6時30分からの初のぼりも行われています(それ以前から長蛇の列になります)。空気の澄んだ冬にもおすすめの場所です。

京都タワー
京都タワー
京都タワーからの清水寺
京都タワー
京都タワー
京都タワー

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です