広沢池からの朝日

広沢池からの朝日
元日に嵯峨天皇陵で初日の出を眺めてから広沢池を訪れました。

広沢池からの朝日嵯峨野にある広沢池は平安の昔から観月の名所としてしられ、和歌などにも度々詠まれてきました。現在も付近は風致地区として景観が保全されていて、都市部のすぐ近くでありながら、たいへん長閑な田園風景が広がっている貴重なエリアです。毎年12月には鯉揚げが行われて水が抜かれており、冬場はまだらに水たまりが残っています。

広沢池からの朝日広沢池は朝日も夕暮れ時も美しい場所です。元日に嵯峨天皇陵で初日の出を眺めてから訪れてみました。少し昇った太陽は雲に隠れていましたが、やがて明るい日差しを届けてくれました。ところどころ残った水たまりに輝く朝日はきらめいて、青く染まってきた空も美しく新年の朝を彩っていました。その様子は写真でご覧下さい。

広沢池からの朝日
広沢池

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です