吉田神社の節分祭 追儺式(鬼やらい) 2020年

吉田神社 節分

2月2日に、吉田神社の節分祭の追儺式(鬼やらい)が行われました。京都を代表する節分行事で、今年も斎場所大元宮で少しだけ眺めることができました。

吉田神社 方相氏吉田神社の節分祭は京都でも有名で人気があり、多くの参拝者で賑わいます。追儺式(ついなしき)は、鬼やらい神事とも呼ばれています。三匹の鬼を、矛と盾を持った「方相氏(ほうそうし)」が追い払うという演出です。方相氏は中国伝来の呪術師で、金色の目を4つもった面をかぶり、神通力のある矛と盾を持って矛を地面に打ち鳴らし、大きな声を出しながら宮中を厄除けのために歩いたとされます。吉田神社の追儺式の開始は18時からですが、前で見るためには最低でも2時間以上前には行かれて、本殿向かって左手側で場所を取って待ち続けることが必要です。

吉田神社 節分さて、本殿前での神事が終わって鬼が方相氏に追われると、鬼と方相氏は斎場所大元宮へとやってきてその周りを1周します。鬼たちは最後まで迫真の演技で人びとを驚かせ、子どもたちの中には泣いてしまう子も続出していました。そして鬼の後から方相氏も大元宮へとやってきますが、もはや神事の後とあって鬼を追い払うようなことはありません。ただ鬼に続いて歩いてくる様子は、子どもたちからすれば、やはり「別な鬼」。怖かったことでしょう。今回も少しだけですが、鬼や方相氏を見ることができ、節分らしさを感じることができました。

河道屋の年越そば吉田神社の節分の名物が河道屋の年越そば。旧暦では立春のころに新年がやってくるため、節分は大晦日と同じ意味を持ち、厄を祓う行事が受け継がれてきました。年越そばも立春を前にした節分にふさわしいものです。料金は750円で行列は伸びていますが回転は速く、テントの中も広いため待ち時間はさほどありません。ワサビと大根おろしがアクセントの美味しいお蕎麦でした。お子様などは、テント内での注文時にワサビ抜きも頼めます。今年は終了しましたが、来年以降に機会がありましたら訪れてみてください。

吉田神社 斎場所大元宮
吉田神社 福豆
吉田神社 福豆の景品

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です