北野天満宮の梅と菊の手水鉢

北野天満宮 菊の手水鉢
今年は早くも北野天満宮の梅が見ごろを迎えています。菊の浮かんだ手水鉢も綺麗でした。

北野天満宮京都の梅の名所といえば、まず名前が挙がるのが北野天満宮です。境内には、早咲きから遅咲きまで約50種1500本の梅があり、見ごろの時期には境内が甘い香りに包まれます。今年は例年より大幅に梅の開花が早く、すでに見ごろとなり、境内は梅の甘い香りが漂っています。

北野天満宮北野天満宮のご祭神は菅原道真で、幼いころから梅が大好きだった人物です。まだ「阿呼(あこ)」いう名前だった5歳の時に、庭に咲く紅梅を眺めて「美しや 紅の色なる梅の花 あこが顔にもつけたくぞある」と和歌を詠んだと伝わります。後に「風月の本主」と称される和歌の才能は、このころから発揮されていたのかもしれません。

北野天満宮道真が九州の太宰府へと左遷される時に詠んだ「東風吹かば にほひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな」の歌も有名です。太宰府へ家の主の私が行ってしまっても、春を忘れずに花を咲かせ、都から吹く東風にのせて梅の匂いを届けておくれ、といった意味。別れの寂しさ、無念さをあらわす名歌として、現代に至るまで人びとの心に響いています。

北野天満宮 菊の手水鉢有料の梅苑も特に華やかな梅に出会えておすすめ。道真公の命日となる2月25日には梅花祭があり、上七軒の芸舞妓さんによる野点席も賑わいます。また、28日からの金・土・日は、梅のライトアップも行われています。また、今年から登場しているのが菊の浮かんだ手水鉢。こちらも目を引いてSNSで話題になっています。今年は梅の開花が早いです。早めに訪れてみてください。

北野天満宮 菊の手水鉢

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です