東寺 桜のライトアップ 2020年

東寺 ライトアップ
4月2日まで東寺のライトアップが行われました。

東寺 ライトアップ例年であれば多くの方で賑わいを見せる東寺の桜ライトアップ。本年は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、4月2日で急遽打ち切りとなりました。最終日に訪れてきました。境内でひときわ目を引くのが、背の高い不二桜。この不二桜は、東寺の下に眠る平安時代以来の遺構を壊さぬために盛り土をして植えられ、その分、下から見上げる高い桜となっています。東北で生まれ、三重県を経た桜は、2006年2月26日に京都に植えられました。

東寺 ライトアップ東寺の桜の美しさはやはり別格。五重塔との取り合わせも絵になり、ソメイヨシノも塔や諸堂を飾ります。金堂内の薬師三尊像や、講堂内の大日如来像、不動明王像を中心とする立体曼荼羅など、夜に拝する諸仏も幻想的です。今年はひと際しっかりと参拝をさせていただきました。

東寺 ライトアップ
東寺 ライトアップ
東寺 ライトアップ
東寺 ライトアップ
東寺 ライトアップ
東寺 ライトアップ
東寺 ライトアップ

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です