新緑の季節へ

東福寺
京都はソメイヨシノが散り、新緑の季節へと移ろっています。

新緑京都でも外出自粛の要請が強まっており、拝観を取りやめにする場所も出てきました。私も今後は過去の写真を中心に投稿することになるでしょう。京都の現状は、街中や公園の方が人口密度が高く、拝観社寺はほとんど人影がありません。むしろ感染の危険は、近所へ買い物へ行くときの方が感じるほどではあります。

新緑さて、今回も少し前の写真。京都は徐々に新緑の季節へと移ろっています。カエデは京都の社寺ではあればどこにでも植えられているといっても過言ではありませんが、紅葉で名高い東福寺の風景は新緑の頃も見事。臥雲橋からの眺めは、地元の方の散歩コースとしても親しまれています(散歩やジョギングは自粛の対象外です)。この時期はカエデに花が咲くころで、赤く丸いつぼみから線香花火のようにパッと開くような花が咲いています。やわらかい緑の中に、ほのかな赤みを帯びるのが4月のカエデです。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です