高台寺 方丈庭園のしだれ桜

高台寺
高台寺の方丈庭園に咲くしだれ桜が、今年も綺麗でした。

高台寺東山エリアで清水寺と並んで高い人気を誇るのが高台寺です。豊臣秀吉の妻・高台院ねねゆかりの寺院で、境内の霊屋(おたまや)に、ねねは眠っています。豊臣家ゆかりの品々や茶室もある一方、方丈前の庭園(波心庭)は四季に庭園のテーマが変わり、訪れる人々に毎回新しさを提供してくれるほか、ライトアップも恒例となっています。

高台寺方丈庭園(波心庭)に咲くしだれ桜は、高台寺の春を代表する美しい佇まいで、例年ポスターにも掲載されます。高台寺の桜は江戸時代の都名所図会でも「大木の桜数株ありて、妖艶たる花の盛は園中に遊宴を催し、春を惜むのともがら多し。」と評判を集めた様子が紹介されています。方丈庭園の桜は今の桜で4代目。現在は江戸時代以上に多くの方の目を楽しませているのではないでしょうか。

高台寺今回も高台寺専属庭師である北山安夫氏の監修で、「乱舞」というテーマでした。勅使門の前には故加山又造が描いた「おぼろ」というタイトルの、しだれ桜と満月の絵が特注の陶板画で配されました。砂紋は赤、黄色、緑といったカラフルな線で彩られ、なかなかインパクトがありました。今回の写真は過去のもので、桜はすでに葉桜になっていると思われます。

高台寺
高台寺

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です