退蔵院の風景

退蔵院
先日、妙心寺の退蔵院を訪れました。

退蔵院妙心寺の退蔵院は、狩野元信が作庭したと伝わる「元信の庭」と、昭和の小堀遠州とも呼ばれる中根金作が作庭した「余香苑」という二つのお庭が楽しめるお寺です。先日、ご案内の特別拝観で訪れました。元信の庭は特別に方丈内に上がらせていただくことができ、絵画を枯山水で表したという由緒を持つお庭を文字通り絵画の如く窓から覗くことができました。余香苑もいつも通りの美しさ。カエデの木が赤くなっているものもあり、夏の時期に秋の風情を感じました。

退蔵院退蔵院に伝わる瓢鮎図(ひょうねんず)は、瓢箪でナマズを捕まえるという禅問答ですが、その絵にちなんで、境内にはナマズと瓢箪の意匠があちこちに見られますので、探してみるのも面白いでしょう。

退蔵院
退蔵院
退蔵院

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です