梅がほころぶ北野天満宮

北野天満宮

北野天満宮では早咲きの梅がほころんでいます。

北野天満宮来年は丑年。干支ゆかりの社寺でまず思い浮かぶのは北野天満宮でしょうか。前回の2009年の丑年の元日未明に北野天満宮へ行った際には、未明から大勢の若者で賑わっていたのが印象的でした。先日訪れると、境内では丑年の絵馬が掲げられ、撫で丑には抗菌加工がなされた旨の掲示もありました。

北野天満宮境内では祭神の菅原道真が好んだ梅の木が約1500本植えられているといい、早咲きから遅咲きまで、これから3月にかけて楽しめます。今は早咲きの寒紅梅が甘い香りを漂わせ、白梅でも咲いている木がありました。全体の梅の木からするとごく一部ですが、少しだけ春を感じることができました。ぜひ咲いている木も探してみて下さい。

北野天満宮

北野天満宮

北野天満宮

『京ごよみ手帳2021』休刊のお知らせ

宮帯出版社様より例年発行されております「京ごよみ手帳」の2021年版は、残念ながら休刊となっております。新型コロナウィルス感染予防のため様々な行事が中止・縮小され、来年の行事予定がわからないという場所が多い状況です。毎年、ご利用頂きました皆様にはご不便をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です