銀閣寺の雪景色

銀閣寺

12月31日の朝は洛北を中心に雪化粧となり、銀閣寺に足を運んできました。

銀閣寺銀閣寺は京都でも有数の雪景色が似合うお寺ではないかと思います。雪は辺りを白く覆って色彩が抑えられるため、神社のような朱色が鮮やかな場所がひときわ映えますが、銀閣寺はいつも以上に趣が増す印象です。高低差のある境内から京都の遠景も望めるのも銀閣寺の特徴です。

銀閣寺この日の雪は気温が高かったこともあり、積雪は洛北・山沿いが中心となりましたが、銀閣寺は山影で雪も残りやすく、9時過ぎに訪れると綺麗な光景を見せていました。金閣寺は混雑していたようですが、銀閣寺は空いています。拝観順路の最後の方では池に映る姿を見ることができ、木立の中の枯淡の佇まいが印象的でした。

銀閣寺高台からの眺めも見事。雪が積もった木々の中に顔を出す銀閣は、ずっと昔から同じ景色なかのもしれません。さて、1月7日から強い寒波がやってきます。体調には気を付けてお過ごしください。

銀閣寺

銀閣寺

銀閣寺

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です