京都と丹波の雪大文字

福知山市 姫髪山の丹波大文字

2月19日に京都市街地から丹波・丹後へと電車で足を延ばしました。大文字の雪景色も目にすることができました。

京都市 左大文字19日の雪は丹後や丹波でしっかりとした積雪となりました。取材で天橋立まで足を延ばしましたが、途中の車窓は亀岡辺りからずっと雪景色でした。京都市街地は山沿いでうっすらと雪景色となり、二条駅のホームから雪の左大文字を望めました。火床付近の植生の違いか、雪の日でも文字がくっきりと見えていました。

福知山市 姫髪山の丹波大文字福知山駅で丹後鉄道に乗り換える際に、標高406mの姫髪山が望めました。1952年から丹波大文字が8月16日に灯されている山です。約70年の歴史を経て、福知山の伝統行事といえるものになっていますが、2020年は新型コロナウイルスの影響で中止となりました。雪の日は、山全体が白くなっている中で、うっすらと「大」の字が浮かんでいるのが印象的でした。今年は美しい炎が望めるようになってほしいと願っています。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です