龍安寺の風景

龍安寺

世界遺産の龍安寺を訪れました。

龍安寺世界遺産の龍安寺は本堂の前に広がる石庭が知られ、15個の石が並ぶそのお庭を眺めに世界中から観光客が訪れます。四季折々の風景も大変に美しいお寺です。鏡容池の周りはいつ訪れても素晴らしく、京都初心者の方から京都通の方まで楽しめるお庭でしょう。現在は人出も大幅に少なく、石庭にも観光客はほとんどいませんでした。

龍安寺現在の境内はところどころで梅が香り、中には紅白が1本の木から咲く「思いのまま」と呼ばれる梅と思しき木もあります。数は多くありませんが、四季折々に期待を裏切らない場所です。また、方丈の東側には侘助椿も咲いていました。秀吉時代の朝鮮出兵の際に持ち帰られたとされ、秀吉も絶賛したという椿です。小ぶりな花が特徴です。ぜひ、じっくりと愛でてみて下さい。龍安寺は「京の冬の旅」の特別公開で、蔵六庵や芭蕉図が公開される予定でしたが、延期となってしまいました。緊急事態宣言が解除されると開催されるかもしれません。その際には、ぜひ訪れてみてください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です