そろそろ見納め 名残の梅

須賀神社

今年は記録的に春の花の開花が早く、梅の花は終盤となっています。

須賀神社各地でソメイヨシノの開花宣言が出されていますが、京都も16日か17日の開花宣言となりそうなペースです。1953年以降では、3月18日が最早でしたが、更新される可能性が高そうです。桜以外でも様々な花が咲き始めてきましたが、一方で梅の花は最終盤を迎えています。梅はまだ冬の風が吹く早春に咲き、一足早く春らしい光景を見せてくれます。そして最後の梅は、本格的に華やぎ出す春の中で密やかに終わっていくイメージです。

金戒光明寺15日に須賀神社と金戒光明寺を訪れると、遅咲きの紅梅も既に終盤の様相でした。梅の香りは個人的にも好みですが、今年はそろそろ終了となりそう。美しい姿を見せてくれたことに感謝をしつつ、進む季節を感じました。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です