早くも仁和寺の御室桜が見頃

仁和寺

早くも仁和寺の御室桜が見頃となってきました。見頃の期間は短いため、お早めに訪れてみて下さい。

仁和寺「京都の桜の最後」といえば、真っ先に仁和寺が思い浮かぶ方もおられるかもしれません(実際にはもっと遅い場所や八重桜もありますが)。御室桜は今年は異常に早く見頃となっています。御室桜は、仁和寺境内にある桜の総称で、特定の種類ではありませんが、境内の中門を入って左側に広がる桜苑は「御室有明」という特殊な種類で埋まり、この桜が一般的には御室桜と呼ばれています。この御室有明は、背が高くならないのが特徴。桜の下に粘土質の土壌があり土中に酸素や栄養分が少なく、桜が根をのばせない要因の一つになっているそうです。

仁和寺仁和寺の桜は、江戸時代から吉野の桜に優るとも劣らないと人気を博し「わたしゃお多福 御室の桜 はなが低くても 人が好く」と歌われました。「はな(花・鼻)」が掛け言葉になっています。満開の桜は、まさに桜の雲海と呼ぶにふさわしく、その雲の中を泳ぐように散策し、ひょっこりと顔を出す五重塔を探すのが楽しみの一つ。奥の分かりやすい場所には自然と人だかりができますが、自身のセンスに合う場所を探して歩くのも面白いでしょう。

仁和寺写真という意味では、光の当たり具合からして午後の方がおススメではあります。また見頃は短く、例年満開の時期は2日~5日程度しかありません。散り始めるとあっという間に散ってしまうこともあるので、満開で青空に出会うのは運も必要な桜だといえるでしょう。なお、江戸時代の御室桜は「八重桜」が主でしたが、現在は一重がほとんど。それでも1割程度「八重桜」も残されていますので、探してみるのも面白いです。

仁和寺

仁和寺

仁和寺

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です