京都鞍馬口医療センター南側の藤棚

京都鞍馬口医療センター南側の藤棚

烏丸紫明にある京都鞍馬口医療センター南側の藤棚が見事な花を咲かせています。

京都鞍馬口医療センター南側の藤棚京都鞍馬口医療センターは、以前は社会保険京都病院の名前で、2014年に改称しました。地域の総合病院として役割を担っておられます。病院南側の道路をはさんだところには、公園のような場所があり、現在は藤棚が綺麗でした。藤は年によって当たり年がありますが、今年私が見てきた中では一番綺麗に咲いていました。

京都鞍馬口医療センター南側の藤棚藤は甘い香りも魅力の一つ。藤の花にはクマバチが多く集まって、「ブーン」という迫力ある音を響かせています。誤解されがちですが、クマバチはその大きさと羽音に反しておとなしい性格ですので、つついたりしなければ基本的には近づいても問題ありません。スズメバチの別名「クマンバチ」と名前が似て、大きさや羽音も迫力があるために怖いイメージを持たれてしまっています。藤も春を彩る花のひとつ。ベンチに座りながら時を過ごすことが出来ました。

京都鞍馬口医療センター南側の藤棚

京都鞍馬口医療センター南側の藤棚

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です