雨の日におすすめの青蓮院

雨の青蓮院

雨の日にお勧めな場所のひとつが青蓮院です。

雨の青蓮院青蓮院は天台宗の数あるお寺の中でも、天皇の皇子や摂関家の子が門主(住職)を代々務めた門跡寺院として高い格式を誇るお寺で、江戸時代には後桜町上皇の仮の御所としても使われました。更には天台宗に伝わる秘法(熾盛光法)を伝え、全国でも青蓮院だけの御本尊・熾盛光如来(しじょうこうにょらい)は、国家の安泰や国民の繁栄、天変地異を鎮め、皇室の加護するなど、国家的な災厄を鎮める仏様として信仰されています。コロナ禍の時期もお祈りさせていただきたくなる仏様です。

雨の青蓮院平安の昔から続くこれだけの格式があればこそ、そのお庭も当代きっての名作庭家が手掛けています。主庭は、室町時代の相阿弥の作庭と伝わり、室内からの眺めも見事。そこから連続するもう一つのキリシマツツジが美しいお庭は、二条城・二の丸庭園や南禅寺の方丈庭園も手掛けたとされる江戸時代初期の作庭家・小堀遠州の手によるお庭とされ、歩いて散策をすることができます。

雨の青蓮院青蓮院の魅力のひとつは、建物からの眺めと歩く眺めの両方を楽しむことが出来る点です。皇室とつながりの深い門跡寺院ということで、建物は再建されたものも含めて御所風。最初に入る華頂殿からは額縁のようにお庭を眺めることができ、じっくりと座って風景を眺め、雨や滝の音に耳を澄ませて過ごせば、この部屋だけでも時間があっという間に過ぎていくことでしょう。新旧の素晴らしい襖絵も眺めつつ、小御所や宸殿などを歩けば、一歩ごとに変わっていくお庭の様子に心が癒されます。

雨の青蓮院一方、お庭を散策すれば、雨にしっとりと濡れて艶めきを増す緑の中へと誘われ、雨のなかでも心地よさが勝ります。京都はこうしてほんの少し足をのばせば、都会とは別天地のような場所がいくつもあるというのが素晴らしいです。青蓮院は建物からの眺めもよし、お庭を散策してもよしという魅力たっぷりのお寺。雨の日にも大変おすすめです。

雨の青蓮院

雨の青蓮院

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です