期間限定!日昇別荘DEランチ

日昇別荘

三条通富小路西入るの旅館「日昇別荘」では、今回の緊急事態宣言中にランチを頂くことが出来ます。

日昇別荘三条通にある旅館の「日昇別荘(にっしょうべっそう)」では、今回の緊急事態宣言中に、室町時代からの貴重な中庭の見えるお座敷でランチを頂くことができます。当初は5月9日までの予定でしたが、延長に伴い5月31日まで行われることになりました。ランチメニューは1000円前後とリーズナブルで、いずれもおうどんのアレンジ。どれも美味しそうでした。

日昇別荘日昇別荘は、古田織部に仕えた豪商・有来新兵衛(うらい しんべえ)の屋敷で、江戸時代には大黒屋の当主(杉浦三郎兵衛を世襲)の私宅となりました。そのお屋敷も太平洋戦争で手放され、昭和24年から日昇別荘として営業しています。中庭は室町時代からの庭園とされ、鎌倉時代の宝篋印塔(ほうきょういんとう)や、室町時代の永享8年(1436年)の銘がある灯籠など、石造物や瓦が配され、茶室・松友亭(しょうゆうてい)へ続く回遊式庭園としてその姿を見せています。様々な木々が植えられて、苔も美しいお庭でした。今回は拝見できる貴重な機会でもあります。

日昇別荘 湯葉あんかけうどん私は「湯葉あんかけうどん」にしましたが、しょうがも効いて体が温まりました。わかめご飯と冷や奴も付いています。また、+440円で「わたあめアフォガード」とドリンクを付けることが出来ました。わたあめにエスプレッソ(たぶん)をかけると、みるみるわたあめが溶けていく演出も!お近くの方は、是非この機会に訪れてみて下さい。席は椅子席もあり、透明な仕切りが設置。黙食が推奨されています。時間は11時~14時です。詳細は日昇別荘のホームページでもご確認下さい。

日昇別荘 わたあめアフォガード

日昇別荘

日昇別荘

日昇別荘

日昇別荘

日昇別荘 ランチメニュー

日昇別荘 ランチメニュー

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です