16日まで!京都国立博物館「鑑真和上と戒律のあゆみ」

京都国立博物館

京都国立博物館の特別展「鑑真和上と戒律のあゆみ」が16日まで行われています。

京都国立博物館緊急事態宣言で休館となっていた京都国立博物館ですが、12日より再開しました。京都文化博物館の「承久の乱」展はそのまま打ち切りとなったのと対照的ですが、開けていただけるのは素直にありがたいです。「鑑真和上と戒律のあゆみ」展は、もともとの会期が16日までのため、残りわずかの機会です。

京都国立博物館今回の展示では、奈良時代に鑑真和上によって伝えられたとされる、仏教徒が守るべき規範である「戒律」の歴史をたどる内容となっていて、京都に関わる各時代の祖師の肖像や彫像も展示されています。やはりメインは唐招提寺からやってきた鑑真和上像。御影堂修理のため45年ぶりに京都へやってきたのだとか。

京都国立博物館5度に渡る渡航の失敗を経て、失明しながらも日本へと渡ってきてくださった鑑真和上のお姿が、本当に生きている時のような迫力で、目の前で向き合うことができます。個人的には子どもの頃に読んだ、小学館の歴史漫画「少年少女 日本の歴史」でもその場面が描かれていて、まさに子供のころから知るスーパースターにお会いできたような感動がありました。会期は16日まで。料金は大人1800円です。平日とあって会場は空いていましたが、週末は増えるかもしれません。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です