山中に佇む延暦寺の風景

先日、延暦寺を訪れました。夏場も涼しく、避暑にもお勧めです。

延暦寺 横川 恵心堂

比叡山にある延暦寺は、伝教大師・最澄が開いた天台宗の総本山。所在地は滋賀県ですが、鎮護国家の道場として京都との歴史的な関わりが大変に深いため、古都京都の文化財として17カ所ある世界遺産のひとつにも数えられてます。現在も山中に120余りのお堂が点在し、主に東塔(とうどう)、西塔(さいとう)、横川(よかわ)の3エリアに別れています。東塔の延暦寺会館には宿泊もでき、暑い時期には避暑地としてもよいでしょう。

延暦寺 横川中堂

3つのエリアの中では、根本中堂がある東塔エリアがメインで、京都側から公共交通機関で向かうと、八瀬からケーブルとロープウェーを乗り継いで比叡山頂まで行き、そこからバスで移動します。あるいは市内からバスで向かう手段や、自家用車やレンタカー、貸切タクシーで向かう方法もあるでしょう。比叡山ドライブウェイは有料道路ですので、料金にはご注意ください。

延暦寺 西塔

東塔の根本中堂は延暦寺山内の中心となるお堂で、本尊の薬師如来像が「不滅の法灯」の奥に秘仏としてまつられています。2016年から10年間の修復に入り、現在はお堂全体が巨大な覆屋で包まれた状態となってはいるものの、参拝は可能。根本中堂の中に入り、設けられている仮設の階段を上っていくと、高い目線から回廊や根本中堂の屋根を目にできるのも修復中ならでは。見学は16時までのようで、今回は16時過ぎに訪れたため、上がれませんでしたが参拝は出来ました。

延暦寺 西塔 にない堂

今回は東堂エリアでの写真を撮り忘れたため、西塔・横川エリアの写真です。気温の低い延暦寺は、これから暑くなる時期におすすめ。ただし、山ですので天気の急変にはご注意ください。

延暦寺 西塔 浄土院

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です