アスファルト舗装の祇園・花見小路

祇園のメインストリート、花見小路が一時的にアスファルト舗装になりました。

祇園

京都を代表する花街の祇園(祇園甲部)。石畳の舗装と和風建築が京都を思わせてくれる空間ですが、現在は水道管工事に伴って、メインストリートの花見小路(四条通~団栗通間)が一時的にアスファルト舗装となっています。実は祇園が石畳となったのは約20年前からだそうで、ある意味以前の風情ではあるようですが、やはり”祇園らしくない”と感じる景色ではあるでしょう。

祇園

石畳が戻るのは、読売新聞の記事によると工事が終了する来年4月以降とのこと。花見小路は当面はアスファルトの風景となりそうです。それでも石畳の祇園を見たいという方は、一筋西側の「西花見小路」に入るとよいでしょう。こちらはまだ石畳で、通りの幅も狭く、より風情を感じられます。だた、私道での撮影は禁止との掲示もありますので、注意は必要です(法的拘束力はありません)。

祇園

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です