ハスの花が咲く天龍寺

天龍寺の放生池では綺麗に蓮の花が咲き誇っていました。

天龍寺の蓮

天龍寺は嵐山・嵯峨野エリア唯一の世界遺産で、室町時代初めに夢窓疎石(むそうそせき)によって作庭された曹源池庭園は、嵐山を借景とする雄大な池泉庭園として有名です。

天龍寺の蓮

そんな境内に入ってほどなくの場所に放生池があり、見事に蓮の花が咲き誇っています。自由に目にできる場所ですので、見に来られている方もおられました。なぜか南側の蓮だけ花がたくさん咲いているのが不思議です。

天龍寺の蓮

蓮の花は泥の中から清らかな花を咲かせるため、仏教では象徴的な花として随所にそのデザインが見られます。古代からある植物でもあり、他の花とは違う特徴も見られる個性的な花。柔らかいピンクの色彩に季節の進みを感じました。蓮の花は明け方に咲き、午前中が花数多いため、早い時間に訪れるとよいでしょう。

天龍寺の蓮

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です