引き続き大雨に警戒を

西日本から東海地方を中心に大雨となっています。目先、15日明け方にかけて厳重に警戒をしてください。

京都 2013年

九州北部や中国地方など西日本を中心に、近畿や東海・北陸、さらに東日本まで含めて各地で大雨リスクが非常に高い状態が続いています。目先、15日明け方までが山場となり、14日は終日最大限の警戒を行ってください。

京都 2013年

今日は、岐阜の私の実家の付近でも一時河川氾濫があり、肝を冷やしましたが、どこで大雨となっても不思議ではない状況です。雨の実況は雨雲レーダーで確認できます。今度の予想は、正直予想通りに雨雲が動かないことも多く、素人が見て判断するのはかえって危ない場合があります。実況を巻き戻し、どういう動きをしてきたかを見て下さい。

京都 2013年

土砂災害、浸水害、洪水害についてはキキクル(危険度分布)で確認できます。特に土砂災害は巻き込まれると助からないことが多いため、早めの避難や、家の二階の山崖から反対側の部屋で安全を確保するなどしてください。土砂災害警戒情報が出ている場合はすでにいつ命に係わる土砂災害が発生してもおかしくない状況ですので、速やかに命を守る行動をとってください。河川水位については、川の防災情報が大変優秀です。ライブカメラもあり、水位の状況もすぐにわかります。ぜひ、ご活用ください。川を直接見に行くのは厳禁です。何とか少しでも被害が少なく済むことを願っています。

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です