叡山電車が鞍馬駅まで開通!

9月18日から叡山電車(叡電)が鞍馬駅まで開通しました。

叡山電車

2020年の7月7日~8日の大雨による土砂災害で大規模な崩落が発生し、市原駅~鞍馬駅間の運休が続いていた叡山電車ですが、ようやく復旧して9月18日より再開通しました。崩落現場は斜面全体が 被覆で覆われていました。電車が巻き込まれていたらと思うとゾッとする規模。工事にも時間が掛かりました。

叡山電車 崩落地点

何はともあれ、復旧となったことで鞍馬寺や貴船神社方面への観光客も戻ってくることでしょう。京都旅屋では早速19日に鞍馬寺を訪れる散策を開催しました。ご参加ありがとうございました。復旧2日目とあって、鉄道ファンと思しき人も来られて熱心に車両の写真を撮っておられる光景も目にしました。地元の方々だけでなく、多くの方が待ち望んでいたことでしょう。

叡山駅 天狗像

鞍馬山には天狗が住むとされ、遮那王(しゃなおう)と名乗った牛若丸が僧正ヶ谷で剣術を学んだという伝説が知られています。そんな鞍馬の玄関口である叡電の鞍馬駅前には、2018年に新しくなった大きな天狗像が置かれていて、京都精華大学マンガ学部キャラクター・デザインコースの皆様によるデザインです。

叡山駅 天狗像

その天狗像はこれまでは頭だけでしたが、いつの間に体が描かれており「祝!運転再開にハナを添えるよ。」との”吹き出し”も付いていて面白かったです。新たな姿で鞍馬へ訪れる人たちを出迎えてくれています。

叡山電車 運転再開

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です