まだまだ見頃の永観堂

東山の永観堂の紅葉は、まだまだ見頃が続いています

永観堂

京都の秋は永観堂ともいわれるほど、永観堂の境内はカエデの量が多く、その数は約3000本あるといわれます。永観堂は正確には禅林寺というお寺で、平安時代の創建以来、もみじの寺として知られていました。秋はもみじの永観堂として、現在も秋の京都を代表する紅葉のお寺として多くの人で賑わいます。

永観堂

永観堂で有名なのは「見返り阿弥陀」。永保二年(1082年)2月25日、永観(ようかん)が阿弥陀堂で本尊の周りを回る修行「行道」をしていたとき、ふっと気が付くと須弥壇の上にいたはずの阿弥陀様が目の前に立って振り返り、「永観、遅し」と励ましたそう。阿弥陀様は、そのままの姿の像となり、現在も首をひねって振りかえる珍しい姿の像を拝むことが出来ます。遅れるものを待つ姿勢、思いやり深くまわりをみつめる姿勢、自分自身を省みる姿勢なども教えてくれる像となっています。

永観堂

永観堂の拝観は通常は600円ですが、紅葉の時期に合わせて行われる秋の寺宝展の時期は日中は1000円となり、毎年展示内容が変わります。永観堂は七不思議も有名です。もともと京都の社寺には不思議が多く、その数も七不思議どころか、もっと数多くあるところもあります。永観堂では、木魚蛙以外の6つは見ることが出来ますので、探してみてもよいでしょう。

永観堂

12月に入り、京都の紅葉は散っている場所も増えていますが、まだまだ場所を選べば美しい光景に出会え、永観堂も引き続き見事な紅葉を眺めることができます。永観堂は11月中旬から12月上旬頃まで約3週間、長く楽しめるのも特徴で、京都の紅葉でもナンバーワンとも言える場所。12月は人出も少なくなり、じっくりと堪能することができるでしょう。よければ足を伸ばしてみてください。ライトアップは5日までです。

永観堂

なお、永観堂の参道にある智徳院では、五劫思惟阿弥陀仏が初公開されています。これまで一般には存在が知られていなかった仏様で、比較的小さい像ながらアフロヘアのようなボリューム感のある髪の毛は、まさに五劫思惟阿弥陀仏。平安時代の聖観音も伝わり、貴重な仏像を拝せました。

智徳院

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2022」監修。特技はお箏の演奏。

京ごよみ手帳2022発売のお知らせ

吉村が監修した「京ごよみ手帳2022」が発売中です。詳細はこちらからご覧下さい。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です