近畿北部で大雪 京都市街地でも積雪に注意

26日朝から日中は、京都市街地では積雪はありませんでしたが、近畿北部で記録的な大雪となっています。市街地でも27日朝は積雪に注意が必要です。

大原にて

鳥取県の智頭では「顕著な大雪に関する情報」が発表されていますが、近畿北部でも記録的な降雪量となっています。滋賀県の彦根は1953年の統計開始以降で1位の日降雪量。兵庫県の和田山は1981年以降で圧倒的1位の積雪差日合計。

大原にて

京都府の舞鶴では2000年2月以来に日降雪量が50㎝を超え、こちらも記録的。積雪深は、まだ明け方にかけて増える恐れがあり、一気に積もり立ち往生する車両なども出ている恐れがあります。27日朝は交通の乱れが近畿北部を中心に広範囲に及びそうで、十分にご注意ください。

大原にて

京都市街地では26日23時で1㎝(24時で2㎝)を記録しており、明け方にかけて増える恐れもあります。雪景色は綺麗ですが、足元にも十分にお気を付けください。

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2022」監修。特技はお箏の演奏。

京ごよみ手帳2022発売のお知らせ

吉村が監修した「京ごよみ手帳2022」が発売中です。詳細はこちらからご覧下さい。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です