曼殊院で「黄不動明王画像」が特別公開中

曼殊院では6月30日まで国宝の黄不動明王画像が特別公開されています。今後は秘仏となるとのことですので、この機会に是非ご参拝ください。

曼殊院

先日もご紹介をした曼殊院。再掲をすると、曼殊院は天台宗の門跡寺院で、五箇室(ごかしつ)門跡のひとつに数えられます。他の4つは、青蓮院、三千院、妙法院、毘沙門堂です。創建は、最澄が比叡山に建立した一堂に始まり、明暦2(1656)年、良尚法親王のときに現在地に移り、建物や庭園が整備されました。明治初期までは北野天満宮の管理職(別当)も兼務していた関連で、門前には天満宮も祀られています。

曼殊院

良尚法親王は、桂離宮を整備した八条宮智仁親王の子で、兄は智忠親王です。良尚法親王も芸術面で秀でた方であったため、曼殊院に残る書院には、桂離宮とも共通する部分があるのが特徴。瓢箪の形をした引手や富士山形の釘隠し、表裏の菊の彫刻がほどこされた欄間など、細部にまでこだわりを持って造られています。良尚法親王自身も書や絵を残しており、そのセンスの高さには感嘆させられます。

曼殊院

その境内に、昨年に再建された新しい建物が「宸殿(しんでん)」です。明治の初めまでは宸殿があり、本堂として使用されていましたが、明治5年、京都府療病院(現・京都府立医科大学付属病院)の建設に際し、建物が寄付されて失われました。悲願ともいうべき再建された宸殿の姿には感動を覚えます。

曼殊院

これまで大書院にお祀りされていた本尊の阿弥陀如来像や、北野天満宮から移された十一面観音像、元三大師像などが宸殿に移され、本堂として使用されています。宸殿前に整備された庭園は「盲亀浮木(もうきふぼく)之庭」と名付けられた枯山水で、100年に1度、息継ぎのために水面から顔を出すという亀が、たまたま流れて来た穴の開いた浮き木(流木)に頭がすっぽりとハマるというお話をもとにし、非常に低い確率をイメージさせることで、人間に生まれることや仏教と出会ったことの奇跡、難しさを説いています。

曼殊院

5月13日から6月末までは、宸殿の再建を記念して国宝の黄不動明王画像の公開が行われます。平安時代の貴重な仏画で、三井寺にある像を写した、特徴ある不動明王像です。今後は秘仏になるとのことで、直接目にできるのは大変貴重な機会となりそうです。23日に旅屋の散策で訪れました。ご参加ありがとうございました。皆様もぜひこの機会に足を延ばしてみて下さい。

曼殊院

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に6年連続最高得点で合格(第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として20年。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2022」監修。特技はお箏の演奏。

【オンラインサロン】吉村晋弥のマニアック京都サロン を募集中!

「まいまい京都」さんで『【オンラインサロン】吉村晋弥のマニアック京都サロン』を募集中。毎月第2水曜日20:00~21:30頃の配信と、月1回程度のサロンメンバー限定ツアーにご参加いただけます(ツアーは別途参加費が必要です)。詳細はリンク先をご覧下さいませ。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP