廬山寺の桔梗


今日は、お客様と廬山寺の散策へ行ってきました。廬山寺では桔梗が綺麗に咲いていました。
廬山寺の場所は紫式部の邸宅跡とされ、それにちなんで昭和40年に作られた「源氏庭」があります。苔は絵巻物の雲を表現し、紫式部の「紫」にちなんで桔梗が植えられています。桔梗の花言葉は清楚・気品で、確かにそれにふさわしい涼しげな花を咲かせてくれています。
式部は曽祖父の藤原兼輔の建てた築100年ほどの邸宅に住み、生涯の多くの時間を過ごしました。式部が宮仕えをした彰子の父である藤原道長の邸宅跡や、同じく道長が羅城門の礎石や豊楽院の鴟尾(しび)を盗用・転用して建てたと言われる法成寺の跡もすぐそばです。歩いてみると、歴史のご近所づきあいが見えるようです。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として9年目。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。散策メニューはこちらから

より大きな地図で 廬山寺の桔梗 を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です