東寺 青空にそびえる不二桜

東寺 不二桜
東寺不二桜が満開を迎えています。2日は青空にそびえる大変美しい姿を目にすることができました。

東寺 不二桜京都はまさに花盛り。桜に雪柳、レンギョウ、ボケ、山吹の花も咲き始めました。椿も例年まだまだ各地で見ごろです。遅咲きの八重紅枝垂れ桜も開花し始めて、ソメイヨシノも満開となっています。天気も考えると実質今日(2日)が桜のピークで、3日からは雨や曇りの日が多くなります。気温も平年よりも大幅に高い状態が続くため、桜の開花や落花は容赦なく進みそう。今年は花の見頃が大変短くなってしまいまいそうです。

東寺 不二桜東寺の桜も見ごろを迎えています。境内でひときわ目を引くのが、背の高い不二桜です。不二桜は、東寺の下に眠る平安時代以来の遺構を壊さぬために盛り土をして植えられ、その分、下から見上げる高い桜となっています。東北で生まれ、三重県を経た桜は、私の誕生日と同じ日付に京都に植えられました。個人的には親近感のわく桜です。

東寺 不二桜この不二桜は五重塔と一緒に撮る構図が人気ですが、そのためには太陽のある南を向かねばならないため、逆光となりやすいという難しさがあります。できるだけ真昼は避け、夕方に行かれる方が条件はよいでしょう。東寺の境内にはソメイヨシノも多くあり、五重塔を包み込むように美しく咲きます。白っぽさのある桜の花と、黒い建物は相性がよく、美しい写真を撮ることができます。京都では、真如堂や知恩院三門などで、同様の写真を撮ることができます。

東寺 不二桜東寺では今年もライトアップが行われています。4月12日までと期間はありますが、不二桜やソメイヨシノは既に満開ですのでお早めに行かれるとよいでしょう。東寺は京都駅からもほど近く、会社帰りにも立ち寄りやすい場所。ライトアップの美しさは「この世のものとは思えない」と形容する方もおられるほどです。機会がありましたら、是非ご覧になってみてください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です