梅小路公園の秋海棠

梅小路公園の秋海棠
梅小路公園の朱雀の庭に秋海棠(シュウカイドウ)が咲いていました。

梅小路公園の秋海棠四季折々に美しい梅小路公園内の「朱雀の庭」。都会の中にあるオアシスのような場所で、いつ訪れても癒されます。10月10日にかけては恒例の「藤袴と和の花展」が行われており、後日ブログでもご紹介予定ですが、滝の脇に咲いていた秋海棠(シュウカイドウ)も素敵でした。秋海棠は、江戸時代に日本へと持ち込まれた帰化植物で、夏から秋の初めにかけ周りはピンク色で中央は黄色のかわいらしい花を咲かせます。この花がバラ科の海棠(カイドウ)に似たであることから「秋海棠」と呼ばれています。京都では大原一帯のお寺が名所で、そこから時期が遅れて梅小路公園でも見ごろになっているようです。

梅小路公園の秋海棠梅小路公園の秋海棠は、小さな滝が流れ落ちている辺りに咲いていました。まだまだ蒸し暑く気温が30℃を超える日もあるなかでは、とても涼しげに見えます。水の流れる音とともに、秋ではありながらも涼を感じました。朱雀の庭へは200円が必要ですが、その分人は少なく、四季の変化も楽しめておすすめです。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です