石畳が戻りつつある宮川町

宮川町の石畳
五花街のひとつ、宮川町。美しい石畳の道が一時アスファルトになっていましたが、現在は工事が進んで、再び石畳に戻りつつあります。

宮川町の石畳先日まで、宮川町が一時石畳が外されてアスファルトになっていました。先斗町のように長期的な工事かと心配をしていましたが、先日訪れると順次石畳が再敷設されていました。宮川町にはやはり石畳がふさわしいと感じますので、一安心です。宮川町では「京おどり」が、今年は4月1日~16日の日程で行われます(日程は毎年第1土曜~)。毎年、京おどりの時期が近づくと提灯や桜が界隈に飾られて華やかな雰囲気となり、期待感が高まります。各花街の踊りの中では初心者でも親しみやすい演出が特徴です。

近づく京おどりなお、同じ4月1日から始まる祇園甲部の「都をどり」は、今年は歌舞練場の耐震工事のため、洛北の京都造形芸術大学の中にある京都芸術劇場・春秋座で行われます。歌舞練場庭園の公開などのイベントは別途行われるそうです。いよいよ本格的な春の足音も聞こえてきた京都。今年の春も楽しみです。

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です