今年最後の真夏日となるか

白川沿いの彼岸花
25日の京都は30℃を超える真夏日となりましたが、そろそろ真夏日も今年最後となる頃です。

白川9月下旬の京都。朝晩は涼しさを感じますが、昼間は日差しが強く25日は30℃を超える暑さとなりました。30℃以上は真夏日と呼ばれますので、まだ昼間は「真夏」といえるかもしれません。26日も晴れて30℃を超える見込みです。ただ、「暑さ寒さも彼岸まで」というように、気温は一雨ごとにグングン下がっていく時期。今週後半は一気に冷えてきますので、体調管理には十分ご注意ください。

鴨川この真夏日の暑さもそろそろ最後です。京都で10月に入ってから30℃を超えることは稀で、順調に気温が下がれば、次に30℃を超えるのは来年の4月下旬や5月頃のこと。気温の上での夏の終わりもすぐそこに近づいています。「今年最後の真夏」と思えば、この暑さも楽しめるかもしれません。1か月後の10月下旬になると、京都は例年、最低気温が一ケタにまで下がる日が出てきます。あとひと月で息が白くなるほどの気温にまで下がる、ダイナミックな変化の時期。体調に気を付けながら秋を楽しんでいきましょう。

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているDMM経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です