見ごろを迎えた大田神社のカキツバタ

大田神社のカキツバタ
上賀茂神社の東にある大田神社のカキツバタ(杜若)が見頃に入っています。

大田神社のカキツバタ上賀茂神社の境外摂社の大田神社。今の時期はカキツバタが咲き、その数は2万5千株ともいわれます。カキツバタが咲く大田の沢は「雲ヶ畑の池と底が繋がっていて水が枯れたことがない」といわれるように、今でも水が絶えない場所で(井戸水で補給しているとは聞きます)、平安時代からカキツバタが世代をつないでいるとされ、国の天然記念物にも指定されています。しかしその維持・保全には毎年多額の費用がかかるそう。未来にもこの美しい光景を届けるために、300円程の志納金を入れる場所が設けられています。

大田神社のカキツバタカキツバタは1株で3回ほど花を咲かせ、トータルの花期も比較的長い花です。今年は例年より早く見ごろを迎え、特に奥の方では一面に涼やかで清楚な青を見せてくれています。葉の鮮やかな緑とも相まって、その清涼感は本当に見事。藤原俊成が「神山(こうやま)や 大田の沢の杜若 深き頼みは 色に見ゆらむ」と詠んだカキツバタ。色は恋愛(いろ)にもつながり、澄みきった杜若の青い色に、一途な思いを重ねています。こうして同じ場所で同じ杜若を見られるのは、本当に価値あることですね。

大田神社のカキツバタ実は近年は花の数が減っており、しかも詳しい原因が不明とのこと。一時期よりは花の迫力は戻ってきていますが、沢に入ってすぐの場所は花の数が少ない印象を受けるでしょう。ただ、奥の方は往時を思わせる群落が戻ってきていますので、葵祭の行事等で上賀茂神社に行かれる際など、ぜひ足を延ばしてその涼やかな姿を愛でてみてください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です